暇人日記

移行しました。

劇団四季『ノートルダムの鐘』。

どうも、こんにちは!!

先日学校の単位を取るために、

劇団四季を鑑賞してきました!!

演目は「ノートルダムの鐘」。

皆様、劇団四季の公演を

鑑賞されたことありますか?

私は小学生の頃に行った以来で

ほぼほぼ初めてだったんですけど、

レベルが違うわ!!!!

他の劇団の公演を色々と

見てきましたが、

劇団四季はレベルが違いました…

圧倒的な歌唱力と研究された演技。

劇団四季ファンの気持ちがよく分かった…

これは何回見ても満足できるわ…

演目のあらすじについては

ちょっと面倒くさいんで省きます!

まず私が観た回の出演者をご紹介!!

 

カジモド:金本泰潤

フロロー:川口竜也

エスメラルダ:宮田愛

フィーバス:佐久間仁

クロパン:阿部よしつぐ

 

とにかく金本さんがすごい!!

歩き方、仕草、話し方が

奇妙だけどどこか愛らしい

カジモドそのものなんですよ!!

特に何がすごいってカジモドの歩き方。

低い姿勢で常に前のめり、

内股の足を引きずりフラフラしている。

あれは研究を重ねないと

再現することなんてできねぇ…

あと話し声はしわがれているのに、

歌声は声量はあるわどこまでも伸びるわ

全くの別人だった…

最初はその変化に驚いたんですけど、

切り替えがお見事すぎます!!

鍛えられている歌声。

あんな圧倒的な歌唱力を

生で感じたの初めてでした。

本当に圧巻でした。

そして川口さんのフロロー。

とっにかく濃いわ!!!!

そんで怖いわ!!!!

行き過ぎた真面目さ、

高圧的な支配欲、独占欲。

めっちゃ怖い…恐怖…

オーラが黒かったです。

この川口さんは劇団員ではないらしい。

でも川口フロローは有名だそう。

色んな意味で印象に残るフロローでした!!

エスメラルダは…綺麗でした。

綺麗だったし、踊りは華麗でした。

でもカジモドとフロローの

印象が強すぎて、あんま覚えてない…

フィーバスも同じく。

歌は文句なしに上手でした!!

今度はもっと勉強してから

細部まで楽しみたいなぁ。

あと劇団四季ならではの豪華な舞台セット。

鐘、でかくない??

今までバレエだとかミュージカルだとか

観てきましたが、大体は

一幕中はずっと同じセット。

たまに変わるけど少し雰囲気変わるだけ。

みたいな感じだったんですよ。

でも劇団四季は違った…

ごまかしのないプロの技に

思わず感動してしまった…

カジモドのシーンでは

絶対に鐘が登場します!!

(鐘つき部屋のシーンに限りますが)

本当に感動したので大きな字!!

あとフロローのシーンだったら

礼拝堂のステンドグラスの窓から

光が差してたり。

さすがだわ、劇団四季

観客を楽しませるために

手を抜くことなく完璧に

その世界へ引き込む。

やっぱり一流ですよね。

あとは柵として登場したセットが

他の場面だと扉になっていたり、

柱になっていたりと

工夫が凝らしてあって

すごく面白かったです!!

そんな使い方もすんの!?みたいな。

それとエスメラルダが姿をくらます時の

花火(?)みたいな演出。

あれには驚いて声出そうでした。笑笑

本当に一瞬で消えるんですよね。

目を凝らして煙の中を見つめたけど、

次の瞬間消えてて行方が分からなかったです。

そういう意表を突く演出もあって

長時間の公演にも限らず

全然飽きません!!

あと印象に残っているのは、

フロローがカジモドに

突き落とされるシーン。

川口フロローの迫力よ。

落ちていくと共に退場するんですけど

顔が怖いのなんの!!

キャー、早くあっちいってー

と思ってしまうほど怖い。笑笑

川口フロロー、秀逸でした。

アンサンブルの方々の活躍が

あってのあの舞台の華やかさですよね!!

っていうか普通に主役たちより

忙しく立ち回っているのでは…!?

石像に扮している最中も

カジモドと話している時は

話したり動き回っているけれど

恐怖のフロローが登場した瞬間に

石像に戻り微動だにしなかったり。笑笑

石像に扮するためのマントを脱いだら

一瞬で朗らかな町人に変身したり。

他にも舞台セットを動かしたり

出したり退場させたり。

主役たちの着替えを手伝ったり。

あらすじを説明したり。

あれは練習大変だろうなぁ。

それが彼らのお仕事であるにせよ

あんな素敵な舞台を作ってくださって

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

それは拍手にて伝えましたが、

それでも足りないくらい。

このブログを読んでるわけないけども

ここでも感謝を伝えさせてください!!

素敵な公演をありがとう!!

楽しく幸せな時間をありがとう!!

本当にお疲れ様でした!!

 

あと物語を通してのメッセージ。

実を言うとストーリーを追うので

精一杯で物語に関して

よく考えられなかったんですけども…

差別を受けることの苦しみ。

自制の効かない強欲さ。

平和への祈りなど、

現実社会に置き換えて

考えなければいけないことが

たくさん盛り込まれていたように

帰ってからふと思いました。 

ソルリのこともあって

自分がどう生きるべきか考えることが

多かった今日この頃。

また考えることが増えたような

ある意味ヒントをもらったような。

誰も傷つかない世の中になるといいですね。

とにかく劇団四季は一生に一度は

鑑賞してほしい!!

そして私はまた鑑賞したい!!

素敵な体験でした (*´ω`*)

ではではここらへんで(о´∀`о)ノ